銘柄選択の方法「ファンダメンタル分析」、「テクニカル分析」

投資銘柄の選択方法
投資銘柄を選ぶ時、使われる方法として「ファンダメンタル分析」、そして「テクニカル分析」があります。
以下に、この2つの方法の長所、短所を挙げながら、説明をしていきます。

■ファンダメンタル分析について
株式に投資するということは、投資先の企業の業績や流れ、売上・利益を調べるは当然の分析と言えます。これをしないで投資するというのは、銘柄だけを見て投資してしまうのと同じですから危険ですよね。実は、ファンダメンタル分析とはこのことを言います。つまり、企業の業績や売上などの会社状況を調べて分析をするということなのです。


分析の仕方は千差万別です。経済誌や新聞を読んだり、書店で販売されている「会社四季報」を読んだり、テレビの経済ニュースを見たりしてチェクしていきます。とくに国内だけでなく、FXを行う時には重要な要素となってきますので必ず一紙くらいは毎日目を通すようにしましょう。

・長所
ファンダメンタル分析の長所は、FX攻略法にはMUSTの技術とされているもので、投資先に検討している企業の状況が細かにわかるので、長期的な投資計画を立てやすいですし、その企業の成長分析などもしやすいです。目先の利益や伸び幅を考慮せず、長い間、株を持つことを考えると、ファンダメンタル分析は株式投資の基本的な分析方法として、最も適した分析法であると言えます。

文献: スワップ.net


・短所
逆に、ファンダメンタル分析の短所は、長期的な分析ができるぶん、短期的な勝負を仕掛けたい時には向いていないということです。会社の成長分析をするので、その結果が出るまでには長い時間を要します。最低でも3年、長ければ10年ほどの時間を要するので、資金の効率も悪くなる可能性があります。
 



■テクニカル分析について
「テクニカル分析」とは、株価を見て買ったり売ったりするタイミングを図る分析方法です。FX比較をじっくりやるにはこの分析がどうしても必要となってきます。これまでの株価の動きを見ながら経験則で判断したりします。


おなじみの「ローソク」チャートを使いながら分析するので、未来のレート変動の動きの予測ができます。この分析に使うツールは株価チャートです。

例を挙げると、今の株価の値動きを見た時、過去5年、10年前の動きと同じ動きをしている株式の銘柄があるとします。


そこから導き出される予測として、これから先の未来の値動きを予測した時に、それまでと同じ動きをするであろうと予測することが可能となるのです。

・長所
過去のデータや経験から買い・売りの判断をするので、余計な思考を挟むことなく、短期分析に向いています。

・短所
あくまでもデータを元にして分析するため、突然の倒産やニュースなどは予測不可能で、100%当たるわけはないところです。

自動売買ファン

FXではなくてはならない考え方のテクニカル分析とファンダメンタル分析をよく理解してからメタトレーダー4を実践していきましょう。もっと詳細 ...